日々の徒然

思いついたり、ひらめいたことをアウトプットしています。

企業カウンセラーや大学教員などの現実的な仕事の傍ら、様々な存在とコミュニケーションをとったり、 高次元エネルギーの有効活用について考えたりしています。
普通の感覚・一般感覚を失わない地に足の着いた人間であることを意識しています。

大学の授業で学生から ・挨拶は何のためにする? ・報連相は何のためにする? ・仕事はどうしてしなくてはいけないの? といった質問がありました。 ・挨拶は自分は安全な人間ですアピールするため ・報連相は責任を他人に擦り付けるため ・仕事は究極の暇つぶし と答えまし …

↑このページのトップヘ